社長挨拶

オンリーワンの技術を追求し、
新たな価値を創造することで、社会に貢献します。

メッセージビジュアル

ニチダイグループは、1959年の創業以来、50年以上の歴史を重ねてきました。その間、創業事業である冷間鍛造金型では国内のトップメーカーとして、また世界でもトップクラスの地位を確立するとともに、精密鍛造品、ターボチャージャー部品、焼結金網フィルターと、他社の追随を許さない高い技術開発力を基盤に新たな分野への挑戦を続けてきました。

当社グループでは3S(顧客満足度・株主満足度・社員満足度)を最大限に実現し、永続的に向上させていくことで、新たな価値を創造し、社会に貢献できる企業を目指すことを経営理念として掲げています。これは革新的な製品・技術開発やグローバル化の推進といった成長戦略に留まらず、環境保全のような複雑化する社会課題への対応にもつながるものです。

私たちの主要分野である自動車産業は、グローバル化の進展や環境規制強化に伴う機構変化など変革の時期を迎えています。ニチダイグループでは、この経営理念のもと、構造変革を飛躍の好機と捉え、100年企業の基礎を築くことを目指していきます。

今後も、企業価値創造のための成長戦略を継続的に推進するとともに、社会的信頼性を高めていく所存です。皆さまには引き続きご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長執行役員

古屋 元伸

PAGE TOP